営業時間

営業時間

9:00~18:00

休日

土・日曜日 祝祭日

お問合わせ

ジオサプライ合同会社

〇広島事務所 〒731-5136 

広島市佐伯区楽々園5-10-5

※2021年12月より上記に移転しています。

TEL: 082-299-0681

〇神戸事務所 〒657-0029

神戸市灘区日尾町2-2-8

TEL: 078-843-2561

名古屋連絡先 TEL:052-766-6419

福岡連絡先 TEL: 092-518-3537

メールでのお問合わせはこちらから

 

バックホウによる混合

ジオベストは、固化材ですから、土と混ぜてあるプレミックス商品ではありません。

よって、混ぜる手間がいるというマイナス面もありますが、現地の土と混ぜる場合、固化材のみ運べばいいわけですから、輸送コストが下がります。

しかも土壌の検査をしなくてもジオベストは有害物を溶出しないので、六価クロム等の溶出試験が義務付けられてないだけでなく、全ての土質を固めることができます。

よって、災害復旧など、急いで土を固めたい場合には特に便利です。

 

では、土とジオベストの混合方法ですが、

(1)生コンプラントによる混合

(2)簡易ミキサーによる混合

(3)バックホウによる混合

(4)耕運機による混合

(5)トロによる混合

5つが代表的なものですが、一番お勧めしたいのが、(3) バックホウによる混合です。

混合する手間や規模にもよりますが、どの土舗装の方法よりもコストが一番安くつくという理由からです。そして、早いというメリットがあります。

山積みした土とジオベストを直接混ぜてもいいのですが、土置き場に小石などがあると一緒に混ざってしまうということがあり、品質を保つためにも写真のような大きな容器を準備されることをお勧めします。

ジオベストと土の混合は、用途によって添加量が異なります。

よって、目的に応じてジオベストの添加量を変えて混ぜてください。

混合する時、気をつけることは、ダマができないように事前に土を乾燥させておくことです。

 

ジオベストと土を混ぜると色が変化します。ムラがないように混ぜて、土舗装材に仕上げれば、あとは敷き均しと転圧作業です。