営業時間

営業時間

9:00~18:00

休日

土・日曜日 祝祭日

お問合わせ

ジオサプライ合同会社

広島事務所 TEL: 082-299-0681

神戸事務所 TEL: 078-843-2561

名古屋連絡先 TEL:052-766-6419

福岡連絡先 TEL: 092-518-3537

メールでのお問合わせはこちらから

 

土舗装の路盤

ジオベストの土系舗装における舗装構成の種類は、大きく分けて左の3つになります。

 

歩行者のみの歩道の場合は、支持力のある均一な路床になるよう下地転圧を行い、直接表層を舗設するので、路盤を設置しません。

しかし、自転車が通るなど、支持力をアップさせようとする場合、路盤を設置します。

歩行者のみの歩道に路盤を設置しない理由は、砕石路盤(10㎝)の上にジオベスト土系舗装をした場合と路盤を設けず直接路床の上に舗設した場合で、締め固め度を比較すると、当然「路盤あり」の方が高い密度が得られるはずですが、歩行者のみの歩道であれば、路盤の存在効果があまり発揮されないという結果が出ているからです。

ただし、寒冷地では、路盤の設置が凍害予防に効果があることがわかっており、歩行者のみの歩道でも路盤(ただし、再生材は不可。バージン材を使用してください。)を設置した方がいいといえますので、施工地域によって設置するかどうかのご判断をお願いします。

 

実は、自転車・歩行者のみの歩道の場合の路盤材は切込砕石(C-30)を奨めておりますが、国土交通省からはリサイクルの促進の観点から透水性舗装の路盤材料には再生路盤材の使用が望まれております。

しかし、再生路盤材の中でコンクリート系の材料は、自硬性を有するため、長期供用により透水機能が低下し、土系舗装に不具合を起こす可能性があり、路盤と表層の間に水が溜まり、排水しなくなり、水が逆流して表面に染み出してきたというケースや路盤が透水しないことによって、水の滞留で土舗装が固く脆くなることもありましたので、注意しましょう。また、最悪の場合、その水が凍結するという事態も予想できます。再生クラッシャランは、「透水性なし」と判断されている自治体もありますので、土舗装には、お奨めできません。

土舗装は、透水性舗装なので、路床や路盤も透水性を持つことが前提となります。路盤に透水性の高い材料を用い、場合によっては路床と路盤の間に透水性を高めるフィルター層(砂など)を挟むことが有効とされています。

 

 管理車両(4t車)が通行する場合、路盤の厚みは15cmにします。一般的には、切込砕石(C-40)ですが、10t車の乗入れがある場合は、粒度調整砕石(M-30)を使用します。