環境配慮型商品の一覧

  環境配慮型商品とは、人の健康と地球環境に配慮された安心して使える商品です。

酸化マグネシウム系土舗装固化材「ジオベスト」

土系舗装といえば、人にやさしい通路として、遊歩道、公園の園路や広場、路側帯、農業用管理道路、学校関連施設、住宅周り、寺社の墓地、鉄塔敷地、歴史的建造物修復、遺跡修復等などに利用されていますが、これまでは土にセメント系固化材や石灰系固化材などを混合して使用されてきました。しかし、これらの土系舗装では高アルカリ性になり、周辺の植生に影響を与えるなど、環境への負荷が懸念されてきました。

 そこで、酸化マグネシウムを主成分とした土舗装固化材が開発されました。酸化マグネシウムは、下剤などの医薬品、ガラス製造、肥料などに利用されていますが、土を固める材料としても利用できるようになりました。

NETIS登録番号 KT:050012-A(舗装工/特殊舗装工) KT:060104-A(道路維持修繕工/道路防草工)

IT'S登録番号      A-06034(ジオベスト防草) B-06034(ジオベスト土舗装)

詳細はこちら!  

酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」

「ジオミックス」は、酸化マグネシウム系土舗装固化材「ジオベスト」と乾燥させた真砂土を一定の割合で混合したプレミックス商品です。ジオベストは広い施工場所で使用しますが、「ジオミックス」は、現場で混合する手間が省けるので比較的狭いお墓などで使用します。「ジオミックス」は温室の中で自然乾燥させており、CO2削減にも寄与しています。また土中の微生物も生き続ける事ができ、生き物にやさしい商品です。また、水だけで施工ができるので簡単です。

 詳細はこちら!

酸化マグネシウム系舗装材「ジオミックスみかげ」

「ジオミックスみかげ」は、酸化マグネシウム系土舗装固化材「ジオベスト」にみかげ砂(御影石の粉)を一定の割合で混合したプレミックス商品です。「ジオベストみかげ」の用途は、庭の新しい景観づくりや霊園等に利用できます。  

「ジオミックスみかげ」はみかげ砂そのものの重量で固まるので、転圧する必要がありません。敷き均して散水するだけといった簡単施工です。

 詳細はこちら!

酸化マグネシウム系メガソーラー用防草材「ジオロック」

メガソーラーは全国各地で展開されていますが、最も心配すべき要因となるのが雑草対策などの維持管理費の増加です。施工当時はあまり気になりませんが、半年もすると雑草が一気に伸びてきます。よって、広大な敷地を効率的に管理することがメガソーラー運営にとって重要となってきます。

また、雑草の成長は、パネルに日陰を作り、発電効率を低下させることから、早期の対策が欠かせません。

雑草対策としては、コンクリートやアスファルト舗装で全面を覆うのが有功ですが、一方、地面からの照り返しによる輻射熱でパネルの温度が上昇し、発電効率が下がるといった問題があります。また、現状復帰時に産業廃棄物としての廃棄費用が生じます。

低コストで防草が可能な「ジオロック」の主成分は酸化マグネシウムです。メガソーラーの敷地の土と混ぜて敷き詰めれば雑草防止に効果を発揮します。

 詳細はこちら!

酸化マグネシウム系建設発生土・泥土等の固化材「エコロック-1000」

「エコロック-1000」は建設発生土、浚渫土、脱水ケーキ等の固化を目的とした商品です。

トンネル掘削土、地下鉄掘削土に混合して第2種処理土強度とpH値の試験を行い、弱アルカリ性域で第2種処理土強度まで固化させることが出来ました。

詳細はこちら!

酸化マグネシウム系河川ヘドロ脱水固化材「エコロック-2000」

「エコロック-2000」は、汚水ヘドロをフィルタープレス(脱水機)の凝集剤と脱水ケーキの固化促進材として使用することが出来ます。

詳細はこちら!

雑草防止「防草テープ」

「防草テープ」とは、道路等の舗装と(コンクリート)構造物の空隙に雑草が繁茂するのを抑止するテープ状の防草目地材です。これまでは、人力除草を行っていましたが、毎年数回の除草作業が必要であり、アスファルトが破壊されるなど、除草以外の経費もかかっていました。防草テープを施工する事で、多くは(機械刈りが困難で)手作業に頼っている箇所の除草が長期に亘って軽減出来ます。

●NETIS登録番号 KT-050035 

詳細はこちら!